すぐに実践できる経営力強化の方法

経営改善,損益分岐点,運転資金,資金繰り経営改善

経営力の強化と資金繰り改善のために決算書を見直してすぐに対策できることはいくつかあります。

その一つに自社の運転資金を把握し、必要な資金をコントロールすることです。

自社の運転資金がいくらか把握していないために、資金繰りがうまくいかず利益は出ているのに手元に資金がなく黒字にもかかわらず倒産してしまうことがあります。

これは利益と資金が一致していないこと、そのズレを把握していない、管理できていないために資金繰りが悪化しておこる黒字倒産です。

運転資金って何?

会社運営に必要な資金に「運転資金」「設備資金」があります。
そのうちの運転資金とは家賃、人件費、光熱費など会社が営業活動を行う上で恒常的に必要とされる資金です。これは、短期借入金として金融機関などから融資を受ける際の判断基準となります。

自社の運転資金はいくらか知っていますか?

運転資金は簡単に貸借対照表(BS)から計算できます。

運転資金 = 売上債権 (売掛金+受取手形) + 棚卸資産 - 買入債務 (買掛金+支払手形)

売上債権とは、営業活動の結果、売上によって発生した後から支払ってもらう代金で売掛金と受取手形からなります。
棚卸資産とは、販売するために保有している商品、在庫、原材料、仕掛品などです。
買入債務とは、仕入先、取引先に支払う後払いの代金で買掛金と支払手形などです。いずれもすぐに現金化できないものです。

資金繰り改善方法

運転資金はすぐに現金化できないものですが、それを少なく圧縮すれば資金繰りに余裕ができます。すぐに使える現金資金が増えると資金繰りが良くなるので、運転資金の中に無駄なものがないか探すといいでしょう。

運転資金の圧縮のための対策

売上債権は入金までの期間が長いと資金繰りの悪化の要因となります。
対策として取引先との回収条件の見直しや回収サイトの短縮を行うことがあげられます。
受取手形から売掛金に変更したり、できれば現金、前受金で入金してもらうなどの方法があります。

また、売上高や利益は増えているけど回収や支払が徹底されていないために資金繰りが悪化するケースもあります。売掛金の振込日、手形の決済日にチェックを行い未入金の時は先方に確認を取るなど適切な管理をすることも必要です。

棚卸資産は適正な在庫量を常に把握し、不良在庫になる前に現金化する、もしくは既に陳腐化している在庫は原価割れしても保管コストとのバランスを考えて処分する選択もあります。

買入債務は支払いまでの期間が早いと資金繰り悪化に影響するので、回収時とは逆の方法をとります。

最も資金繰りをよくする方法は?

支払い時に手元に返済できる資金があれば資金繰りはうまく回っています。
最も資金繰りを良くするには販売商品やサービスの利益率を高めることです。商品の付加価値を高めて販売価格を高くする、利益率の高いものを重点的に販売することが効果的です。

健全な会社経営のために決算書から対策できることはたくさんあります。
利益と資金のずれを認識し運転資金や資金繰りを適切に管理して自社の財務体力を蓄積することが重要です。