将来の資金の不安を解消する!資金繰り表作成のメリット

資金繰り表,資金繰り管理キャッシュフロー・資金繰り

 

資金繰り表は未来のお金の流れを把握して資金不足にならないように資金計画を立て予測することを目的としています。一方、キャッシュフロー計算書は損益計算書や貸借対照表上の利益と実際の現金のずれを調整して過去の現金の流れを把握するものです。

資金繰り表を作るメリット

資金繰り表を作成すると、いつ入金があるのか、いつ支払いがあるのか、その結果資金不足になる時期はいつか、いつ資金調達するか、ということが具体的に予測できます。数か月先の資金の動きが分かれば支払いを遅らせる、または資金の過不足を解消するための対策を事前に立てることが可能になります。

資金繰りを改善するための方法

自社の損益の状態を常に把握するために、毎月の決算書を作ることは資金管理をするうえで重要です。
また、売掛金の回収に重点をおき資金量を増やすために入金が遅い場合は回収までの期間を短くします。
貸借対照表(BS)の資産の部にある資産をチェックし、遊休資産や不良在庫、陳腐化した在庫はないか見直し、処分して資金化するのも一つの対策です。
資金化できなくても長年保有している在庫は保管費、管理のための人件費なども必要なので放置せず廃棄して損失を計上しましょう。節税とコスト削減に繫がります。

テンプレートを使えば決算書の数字から簡単に資金繰り表を作ることができるので、ぜひ作成して活用してください。

資金繰り表テンプレートは 資金調達BANKさんの ”資金繰り表の作り方と活用法を資金繰り表テンプレートの例を示して丁寧に解説” に掲載の資金繰り表テンプレート_1.0 のエクセルシートをダウンロードして頂くと記入例もついてるので参考になります。

漠然と抱いているお金に対する不安も視覚化することで明確になり将来の資金繰りをコントロールすることが可能となります。

 

当事務所では、資金繰り表の作成および資金繰り管理に対応しています。  

お気軽にお問い合わせ下さい!

 

会計士相談実施中!
お気軽にCPAオフィスFYIまでお問い合わせ下さい

会計相談室 CPAオフィスFYI
大阪市中央区北久宝寺町3-6-1 本町南ガーデンシティ7階
大阪メトロ本町駅12番徒歩2分
info@juscpafy.com / 06-7639-8588