スポンサーリンク

米国新型コロナ経済対策の支援金(Economic Impact Payments)2020年~2021年の解説

fingers holding Passport of USA on blurred American flags background. Close up view国際税務
スポンサーリンク

米国新型コロナ経済対策の支援金(Economic Impact Payments)の2020年最初の2回は、米国籍者、アメリカ人など対象となる人々は、すでに連邦政府発行の小切手を受け取るか銀行口座に直接振込みを受けています。
まだ米国新型コロナ経済対策給付金 (Economic Impact Payments) を受け取っていない場合は、資格の有無を確認し必要な手続きをすることで受け取ることができます。

スポンサーリンク

 米国新型コロナ経済対策の支援金(Economic  impact  payment)を受け取れますか?

2020年1 回目最大1200$と 2 回目600$の給付金を受け取っていない場合、または支払額が全額に満たない場合は請求すると受け取れる可能性があります。
米国居住者、米国市民、グリーンカード保有者、社会保障番号を持つ米国外に住むアメリカ人で、普段、納税額がなく米国納税申告義務を負わない人、総収入ではなく調整後の総所得が一定の所得水準を下回る人が対象となります。
税務申告時に米国籍の配偶者や扶養家族に関する情報を含めることで、その提出情報に基づいて配偶者は1200ドル、両親または子供1人につき追加で500ドルの支払いを受け取ることができます。

スポンサーリンク

3回目の米国新型コロナ経済対策支援金

3回目の新型コロナ支援金1400$は、2021年課税年度のリカバリーリベートクレジットの前払いとして、2021年米国レスキュープラン法によって承認されました。IRS(米国内国歳入庁) は、2021年3月11日に署名された米国救済計画法に従って、適格な個人に 3 回目のコロナ経済対策支援金の送付を開始しました。
2020年の納税申告書が処理されたら、2021年も引き続き毎週コロナ給付金の支払いを送信します。2020年の納税申告書を提出した適格な人々にIRSが支払い情報に基づき給付金を送付します。1回目または 2回目の新型コロナ経済対策支援金を受け取った場合でも、新たな所得制限により一部の人々は3回目の支払いを受けとる資格がありません。一般的に、3 回目の新型コロナ経済対策支援金の全額を受け取る資格がなくても、調整後の総所得の金額によって段階的に削減された支払いを受け取ることができます。

スポンサーリンク

3回目の米国新型コロナ経済対策の支援金の確認

ーThird Round of Economic Impact Payments Status Availableー

3回目の新型コロナ給付金の支払い状況をIRSウェブサイトで確認できます。
・必要な情報
米国納税者番号
生年月日
住所
郵便番号 ZIP または Postal Code

【転用・複製禁止】
この記事は、会計相談室CPAオフィスFYIが制作したものです。サイト内に記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 その内容を保証するものではありません。 また、記事の一部又は全部を転用・複製することはお断りいたします。

米国公認会計士相談実施中!!
お見積り、お問い合わせはこちらから↓↓ 

国際税務
スポンサーリンク
会計相談室 CPAオフィスFYI