アメリカ所得税の確定申告(US Tax Return/EIN,ITIN)

EIN, ITIN, Form1040NR, Form1120-F,us税務申告国際税務

アメリカで源泉所得があった日本国内の個人は、非居住外国人として所得税申告書(Form1040NR)を米国内国歳入庁(Internal Revenue Service:IRS)へ提出します。

アメリカで事業収入や商取引がある日本の法人や個人事業主等は外国法人として、法人税申告書(Form1120-F)などを米国内国歳入庁(IRS)へ提出する義務が生じます。

IRSへ確定申告する際に連邦納税者番号(EIN, ITIN)の取得が必要です。




個人の税務申告には ITIN

アメリカ国籍と永住権(グリーンカード)を所有していない個人の場合は、確定申告に必要な社会保障番号(Social Security Number :SSN)は付与されないので、IRSから発行される9桁の個人納税者番号(Individual Taxpayer Identification Number :ITIN)の取得が必要です。
こちらは、日本国内の在日米国大使館・領事館でパスポートの認証を受けてForm W-7をIRSへ提出することにより取得することができます。

Form W-7はIRSのホームページからダウンロードできます。

https://www.irs.gov/pub/irs-pdf/fw7.pdf

法人及び個人事業主の税務申告にはEIN

法人、個人事業主等の場合、確定申告時に雇用者識別番号(Employer Identification Number:EIN)が必要です。

EINは、法人、個人事業主、パートナーシップや特定の個人などに割り当てられる9桁の番号で、IRSに申請して取得します。

EINを申請するには、次の方法があります。

➀IRSのウェブサイト上で申請 
②IRSに申請書Form SS-4を郵送、FAX提出
③IRSに電話 

➀は、主な事業所が米国または米国領土内にあり、申請者が有効な社会保障番号(SSN)もしくは個人納税者番号(ITIN)、雇用者識別番号(EIN)を持っている場合はオンライン申請が可能です。
米国非居住者、主要な事業所や代理店がない場合はオンライン申請はできません。米国内に居住の場合は電話による申請はできません。

日本からは②③の電話、FAX、郵送でForm SS-4提出となります。電話は即日、FAXは約4日、郵送の場合は3~4週間ほどかかります。
※時期によって、FAX4週間以上、エアメールも2か月以上かかる場合があるのでご注意ください。

FormSS-4

Form8833 米国非居住者の特典を受ける開示申告

日本(居住地国)とアメリカ(源泉地国)の双方での二重課税を回避するため日米租税条約を適用するには、米国非居住者であるという開示申告(Form8833:Treaty-Based Return Position Disclosure Under Section 6114 or 7701(b))を作成する必要があります。


アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)への税務申請に必要な書類選びから申告書類の書き方、EINの取得及び、ITIN取得に必要なパスポート認証の代行などCPAオフィスFYIで承っております。

米国納税者番号(ITIN/EIN)取得サポートが必要な場合はご覧ください。


会計士相談実施中!
お気軽にCPAオフィスFYIまでお問い合わせ下さい

会計相談室 CPAオフィスFYI
大阪市中央区北久宝寺町3-6-1 本町南ガーデンシティ7階
大阪メトロ本町駅12番徒歩2分
info@juscpafy.com / 06-7639-8588