IRS監査対象になる可能性が高い納税者とは?対処法と所得区分別監査率 ーアメリカ内国歳入庁の最新データーからわかることー

IRS audit国際税務

アメリカの確定申告、タックスリターンを米国内国歳入庁(IRS)に提出したら直面する可能性のある「IRS監査」

IRSによるの監査は一般的ではありませんが、過去数十年間でアメリカ確定申告書の提出件数は増加しています。2020年IRS最新統計によると、監査に対応する人員は減少傾向にあり、監査を受ける可能性は毎年減少しています。直近のIRS監査率もこれまで実施された監査で最も低い割合となりました。

安心してはいけないのは、バイデン政権が、タックスコンプライアンスと税務執行を強化することによって歳入を増やしたいと発表したことです。言い換えれば、監査は今後数年間で増加する可能性があることを示唆しています。

最新のアメリカ内国歳入庁IRS統計資料から監査を受ける可能性、仕組み、監査リスクを低くするための対処などをご紹介します。

IRS監査率の高い納税者とは?

IRS監査対象になる可能性が高い納税者とは?対処法と所得区分別監査率

ーアメリカ内国歳入庁の最新データーからわかることー

この続きは購読していただくと閲覧できます。

目次
IRS監査率の高い納税者とは
所得区分別IRS監査率
グラフ. 個人納税者 所得別監査率
法人、個人/遺産、贈与等のIRS監査の違い
 表. 納税主体別/所得区分別監査率 監査後加算税
IRS監査は申告書提出から何年間対象となりますか?
IRS監査はどのように行われますか?
グラフ. 監査方法別 監査数
IRS監査の対策方法
どのようにIRSは監査の対象を選択するのですか?

 

¥1,100

【転用・複製禁止】
この記事は、会計相談室CPAオフィスFYIが制作したものです。サイト内に記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 その内容を保証するものではありません。 また、記事の一部又は全部を転用・複製することはお断りいたします。

米国公認会計士相談実施中!!
お見積り、お問い合わせはこちらから↓↓ 

国際税務
会計相談室 CPAオフィスFYI