アメリカ州法人税がない州とは?全米50州税一覧と仕組みも併せて解説

2020-State-Corporate-Income-Tax-Rates国際税務

アメリカ合衆国の法人税は、内国歳入庁(International Revenue Service : IRS)が課す連邦税(Federal taxes)と地方自治体が課す地方税(Local taxes)、州政府がそれぞれ課す州税(State taxes)があります。

州法人税は高い税率の州や低い税率の州があり、そのシステムは大きく異なります。

米国の州税の概要と各州の税の仕組み税率などをご紹介します。

米国の州法人税(State Corporate Income Tax)の概要

全米50州のうち44の州が徴収し、6つの州では課税されません。

30州とコロンビア特別区の法人税率は単一レート(Flat Rate)です。

その他の州の税率はタックスブラケット (Tax brackets)と呼ばれる課税区分によって段階的に変わります。

税率は、ノースカロライナの2.5%からアイオワの12%の範囲です。

アメリカ州法人税の一番高い州は?

アラスカ、イリノイ、アイオワ、ミネソタ、ニュージャージー、ペンシルバニアの6つの州は、9%以上の限界法人税率を課しています。

アイオワ州は最高税率12%で最も法人税が高い州ですが、連邦法人税を50%控除可能です。

ニュージャージー(10.5%)、ペンシルベニア(9.99%)、ミネソタ(9.8%)、イリノイ州(9.5%)、アラスカ州(9.4%)と続きます。

アメリカ州法人税の低い州は?

アリゾナ州、コロラド州、フロリダ州、ケンタッキー州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ノースカロライナ州、ノースダコタ州、サウスカロライナ州、ユタ州の10州では、5%以下です。

ノースカロライナ州の法人税率は2.5%と米国内で最も低く、ミズーリ(4%)とノースダコタ(4.31%)、フロリダ(4.458%)、コロラド(4.63%)、アリゾナ(4.9%)、ユタ(4.95%)に続きます。

ケンタッキー、ミシシッピ、サウスカロライナは、5%以下の最高税率を課しています。

アメリカ州法人税のない州は?

ネバダ州、オハイオ州、テキサス州、サウスダコタ州、ワイオミング州およびワシントン州は、法人税が課税されません。

しかし、ネバダ州、オハイオ州、テキサス州、およびワシントン州は法人税の代わりに総収入税(Gross receipts taxes)を課しています。

総収入税(Gross receipts taxes)は法人税のように所得に課すのでなく総収入に課すのでより重いとされています。

サウスダコタ州とワイオミング州は、法人税または総収入税を課税しない唯一の州です。

デラウェア州、オレゴン州、ペンシルベニア州、バージニア州、ウェストバージニア州など、法人税に加えて州レベルではなく地方レベルで総収入税を徴収します。

米国州法人税一覧  2020年1月時点

STATE CORPORATE INCOME TAX RATES


州 (State) 

アラバマ(ALABAMA)
アラスカ(ALASKA) 
アリゾ(ARIZONA)
アーカンソー(ARKANSAS)
カリフォルニ(CALIFORNIA)
コロラド(COLORADO)
コネチカッ(CONNECTICUT)
デラウェア(DELAWARE)
フロリダ(FLORIDA)  
ジョージア(GEORGIA)  
ハワイ(HAWAII)     
アイダホ(IDAHO)
イリノイ(ILLINOIS)
インディアナ(INDIANA)
アイオワ(IOWA)    
カンサス(KANSAS)
ケンタッキー(KENTUCKY)
ルイジアナ(LOUISIANA)
メイン(MAINE)
メリーランド(MARYLAND)
マサチューセッツ(MASSACHUSETTS)
ミシガン(MICHIGAN)   
ミネソタ(MINNESOTA)
ミシシッピ(MISSISSIPPI)
ミズーリ(MISSOURI)
モンタナ(MONTANA)
ネブラスカ(NEBRASKA)
ネバダ(NEVADA)
ニューハンプシャ₋(NEW HAMPSHIRE)
ニュージャージー(NEW JERSEY)
ニューメキシコ(NEW MEXICO)
ニューヨーク(NEW YORK)
ノースカロライナ(NORTH CAROLINA)
ノースダコタ(NORTH DAKOTA)
オハイオ(OHIO)
オークランド(OKLAHOMA)
オレゴン(OREGON)
ペンシルベニア(PENNSYLVANIA)
ロードアイランド(RHODE ISLAND)
サウスカロライナ(SOUTH CAROLINA)
サウスダコタ(SOUTH DAKOTA)
テネシー(TENNESSEE)
テキサス(TEXAS)  
ユタ(UTAH)
バーモント(VERMONT)
バージニア(VIRGINIA)
ワシントン(WASHINGTON)
ウェストバージニア(WEST VIRGINIA)
ウィスコンシン(WISCONSIN)
ワイオミング(WYOMING)
ワシントンD.C.(DIST.OF COLUMBIA)

税率:%(Tax rate)    

6.5   
0 – 9.4       
4.9
1.0 – 6.5     
8.84    
4.63
7.5
8.7
4.458
5.75
4.4 – 6.4
6.925
9.5
5.5
6.0 – 12.0      
7.0
5.0
4.0 – 8.0
3.5 – 8.93      
8.25
8.0       
6.0         
9.8  
0 – 5.0         
4.0
6.75
5.58 – 7.81     
法人税なし
7.7
10.5
4.8 – 5.9       
6.5
2.5
1.41 – 4.31
法人税なし
6.0  
6.6 – 7.6
9.99
7.0
5.0
法人税なし
6.5
法人税なし 
法人税なし
6.0 – 8.5       
6.0  
法人税なし
6.5
7.9
法人税なし
8.25

タックスブラケット:$(Tax brackets) 


25,000~ 222,000

3,000 ~ 100,001






25,000~ 100,001



25,000~ 250,001


25,000~ 200,001
350,000~ 3,500,000




2,000


100,000



500,000


25,000~ 50,001


1,000,000







10,000~ 25,000





※タックスブラケット (Tax brackets)とは課税所得によって税率が変化する区分です。タックスブラケットの空欄は一律レート(Flat rate)です。
参考:Federation of Tax Administrators https://www.taxadmin.org 

連邦所得税控除(Federal Income Tax Deductible)のある州

アラバマ(ALABAMA)、アイオワ(IOWA)、ルイジアナ(LOUISIANA)、ミズーリ(MISSOURI)では連邦法人税の控除が可能です。