資金調達

経営改善

企業価値評価を上げる経営分析のポイント

企業価値評価(バリュエーション)が高いと、将来にわたって生み出すと予想されるキャッシュフローの現在価値(PV)が大きい企業と判断され、M&A、資金調達、融資などに有利になります。 上場企業は株式時価総額によって企業価値を評価できるので株価をできるだけ大...
キャッシュフロー・資金繰り

将来の資金の不安を解消する!資金繰り表作成のメリット

  資金繰り表は未来のお金の流れを把握して資金不足にならないように資金計画を立て予測することを目的としています。一方、キャッシュフロー計算書は損益計算書や貸借対照表上の利益と実際の現金のずれを調整して過去の現金の流れを把握するものです。 資金繰り表を作るメリッ...
資金調達

融資に最も影響するもの

融資による資金調達には、主に日本政策金融公庫、信用保証協会の保証付融資、銀行でのプロパー融資、ノンバンクでの融資などがあげられます。 借り入れ時に気を付けなければならないのは、決算書の財務内容はもちろん重要ですが、会社の業種、評判も影響します。 業種というのは...
資金調達

WACC 最適な資金調達の割合とは

資金調達をもとに投資した事業からのリターンが加重平均資本コスト(WACC :Weighted Average cost of capital)を上回ればビジネスは成功しているといえます。 WACCと資本資産評価モデル(CAPM: Capital Asset ...
資金調達

調達資金の運用から利益率を算出する!投資判断の2つの公式

調達資金をもとに投資した事業の運用利回りを算定するのに、加重平均資本コスト(WACC :Weighted Average cost of capital)が用いられます。 投資事業からのリターンが加重平均資本コスト(WACC)を上回っていればその事業は...