キャッシュフロー・資金繰り

キャッシュフロー・資金繰り

決算書の無駄をチェック!簡単な運転資本管理(ワーキングキャピタルマネージメント)の方法

決算書は貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CF)から主に構成されています。貸借対照表から滞留した資産を見つけスリム化するのに運転資本管理(Workingcapitalmanagement)を用いる方法があります。バランスシートから...
キャッシュフロー・資金繰り

企業価値評価を上げる経営分析のポイント

企業価値評価(バリュエーション)が高いと、将来にわたって生み出すと予想されるキャッシュフローの現在価値(PV)が大きい企業と判断され、M&A、資金調達、融資などに有利になります。上場企業は株式時価総額によって企業価値を評価できるので株価をできるだけ大きくしよう...
キャッシュフロー・資金繰り

キャッシュフロー計算書の会計英語

キャッシュフロー計算書(StatementofCashFlows)は財務三表の一つであり、損益計算書や貸借対照表から読み取ることができない現金及び現金同等物の一会計期間の増減の変化を示しています。三つの活動区分(営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動による...
キャッシュフロー・資金繰り

キャッシュフロー計算書はここだけ押さえて読む

財務諸表を利用して企業のキャッシュフローを知りたい場合、現行の企業会計は発生主義をベースとしているので損益計算書や貸借対照表から直接キャッシュフローを読み取ることはできません。損益計算書で報告される利益と事業活動の成果として得た現金は同じではないからです。財務...
キャッシュフロー・資金繰り

不況に備えてCVP分析で対策!

損益計算書(PL)から損益分岐点を調べCVP分析(Cost-Volume-ProfitAnalysis)の指標を用いて、企業の利益率を増やし不況に強い会社経営をする方法があります。売上高と原価が一致するポイントを損益分岐点売上高といいますが、実際の(計画中の)...
キャッシュフロー・資金繰り

WACC 最適な資金調達の割合とは

資金調達をもとに投資した事業からのリターンが加重平均資本コスト(WACC:WeightedAveragecostofcapital)を上回ればビジネスは成功しているといえます。WACCと資本資産評価モデル(CAPM:CapitalAssetPricingMod...
キャッシュフロー・資金繰り

調達資金の運用から利益率を算出する!投資判断の2つの公式

調達資金をもとに投資した事業の運用利回りを算定するのに、加重平均資本コスト(WACC:WeightedAveragecostofcapital)が用いられます。投資事業からのリターンが加重平均資本コスト(WACC)を上回っていればその事業は上手くいっていると言...