スポンサーリンク
国際税務

アメリカ所得税の確定申告(US Tax Return/EIN,ITIN)

アメリカで源泉所得があった日本国内の個人は、非居住外国人として所得税申告書(Form1040NR)を米国内国歳入庁(Internal Revenue Service:IRS)へ提出します。 アメリカで事業収入や商取引がある日本の法人や個人事業主等は外国...
国際税務

アメリカ個人所得税の申告資格と税率一覧

Federal Individual income tax 米国市民および居住外国人は、全世界所得(Worldwide income)に対して、米国個人所得税(Individual income tax)の納税義務が生じます。 個...
IFRS・国際会計

米国の法人税 基礎知識とトレンド

企業の誘致競争を背景に法人税率の引き下げ、フラット化が世界的な潮流となっています。 アメリカでも2017年税制改革(Tax Cuts and Jobs. Act )によって連邦法人税が35%から一律21%へ減税になりました。 連邦法人税は一律ですが、個人所...
スポンサーリンク
国際税務

アメリカ州法人税がない州とは?全米50州税一覧と仕組みも併せて解説

アメリカ合衆国の法人税は、内国歳入庁(International Revenue Service : IRS)が課す連邦税(Federal taxes)と地方自治体が課す地方税(Local taxes)、州政府がそれぞれ課す州税(State taxes)...
国際税務

国際税務 日本法人税と米国法人税の基本的な違い

近年、日本を含むOECD(経済協力開発機構)加盟国では、税源浸食と利益移転(Base Erosion and Profit Shifting : BEPS)への取り組みやデジタル課税(Digital Services Tax)の導入に向けた動きなど、世界的...
キャッシュフロー・資金繰り

企業価値評価を上げる経営分析のポイント

企業価値評価(バリュエーション)が高いと、将来にわたって生み出すと予想されるキャッシュフローの現在価値(PV)が大きい企業と判断され、M&A、資金調達、融資などに有利になります。 上場企業は株式時価総額によって企業価値を評価できるので株価をできるだけ大...
キャッシュフロー・資金繰り

キャッシュフロー計算書の会計英語

キャッシュフロー計算書(Statement of Cash Flows)は財務三表の一つであり、損益計算書や貸借対照表から読み取ることができない現金及び現金同等物の一会計期間の増減の変化を示しています。 三つの活動区分(営業活動によるキャッシュ・フ...
IFRS・国際会計

IFRS,USGAAPで利益が増える?M&Aにおけるのれん減損

近年盛んに行われている企業買収合併(Mergers and Acquisitions、M&A)では、巨額の利益を生み出し急成長している企業があります。 その一方で損失を招き債務超過に陥る企業も少なくありません。 M&Aなどの経営戦略を成功さ...
キャッシュフロー・資金繰り

将来の資金の不安を解消する!資金繰り表作成のメリット

資金繰り表は未来のお金の流れを把握して資金不足にならないように資金計画を立て予測することを目的としています。一方、キャッシュフロー計算書は損益計算書や貸借対照表上の利益と実際の現金のずれを調整して過去の現金の流れを把握するものです。 資金繰り表を作るメリット...
キャッシュフロー・資金繰り

キャッシュフロー計算書はここだけ押さえて読む

財務諸表を利用して企業のキャッシュフローを知りたい場合、現行の企業会計は発生主義をベースとしているので損益計算書や貸借対照表から直接キャッシュフローを読み取ることはできません。 損益計算書で報告される利益と事業活動の成果として得た現金は同じではないからです。 ...
キャッシュフロー・資金繰り

不況に備えてCVP分析で対策!

損益計算書(PL)から損益分岐点を調べCVP分析(Cost-Volume-Profit Analysis)の指標を用いて、企業の利益率を増やし不況に強い会社経営をする方法があります。 売上高と原価が一致するポイントを損益分岐点売上高といいますが、実際の(計画...
経営改善

損益分岐点から目標利益を計画!CVP分析の基本

会社の利益を生み出すためには何が必要かということをCVP分析によって求めることができます。 来期に目標とする利益を獲得するためには販売量はどれくらい必要で、原価はどれくらいに抑えればよく、利益率をどのくらいで生産販売すればよいかなどを検討します。 それらの分...
経営改善

決算書から貢献利益を求める!利益が赤字でも受注すべきか

会社を運営していくうえで、売上を増大し、より多くの利益を生みだすことは重要です。 では利益がどのくらいなら受注するのか、その判断はどのようにすればいいのでしょうか? 赤字でも受注可能な場合がある 企業で商品・製品を生産(製造)している場合、取引先から発注があれ...
スポンサーリンク